GRAND AWARDS 2018 TOP 3 WINNERS INTERVIEW


Interview:
the creative minds behind Calorie Mate

  The interview below was conducted in Japanese, and translated to English on the right.

The interview below was conducted in Japanese, and translated to English on the right.

Two interviews: one An with the legendary (and charming) designer and art director Gan Hosoya on his creation of the iconic Calorie Mate package, another with Otsuka Pharmaceutical's Product Marketing Manager Aya Nakao on her vision for Calorie Mate and its future.


Interview with Gan Hosoya of LIGHT PUBLICITY

CM_BK_CHI.jpg
ganhosoyaquote_1.png

カロリーメイトのデザイン依頼が来た時に、直感的にアメリカン・ベースボールのチー ムロゴのようなブラッシュ・スプリクト体を使いたいと思ったとのことですが、大塚製薬さんからの要望 はどのようなものだったのでしょうか。
また、デザインにおける規制などはありましたか?

カロリーメイトのデザイン依頼が私にあったときにクライアント(大塚製薬)からのオリエンテーションは 特になく、デザインの特別な要望はありませんでした。 白地の箱を見せられて、「これにデザインして下さい」との話しだけでした。 そして、私はその白い箱がコンパクトで、得も言われない美しい形なので、とても好感を得たのです。 もちろん商品の説明など パッケージに入れるべき事項など、わが社の営業担当(プロデューサー)の方からは当然のようにありましたが。

We hear that when you received the request to design Calorie Mate, you intuitively thought of using brush scripts that were reminiscent of American Baseball team logos, but what exactly was Otsuka Pharmaceutical’s request?
Were there any regulations?


When I received the request from my client Otsuka Pharmaceutical, I didn’t receive any orientation for it, and didn’t receive any special requests for the design either.
I was shown a plain white box, and they told me, “Please design on this.” The white box was compact and had an unspeakable beautiful form, and I found myself admiring it. Of course, the producer of our company did receive an explanation about the product and what information the package should display.

 
ganhosoyaquote_7.png
 

ブラッシュ・スクリプト体のことですが、このCalorie Mateのデザインのお話が来るずっと以前から、私は この書体が好きで気にしていたのです。何かデザインの仕事に使えないかと常々、私の小さな頭の中に潜伏 していたのです。(ほんとに) そして、チャンス到来だったのです。そしてさらに「この機を逃したらいけない」と思ったのです!「よし!完璧なブラッシュ・スクリプトを仕上げよう」と。

As for the brush script, I loved this typeface and it was on the back of my mind long before Calorie Mate. Wondering when I could use it for my design work; it was constantly lurking inside my little head. (Really)
And then the chance came! That’s how it was. I thought, “I can’t miss this opportunity!”, and then, “Okay! Let’s create the perfect brush script.”

なぜタイポグラフィにこだわったのか教えてください。

1のご質問に書きましたように、このブラッシュ・スクリプトを生かすことが絶対ベターなことだと専心 (コミット)したので、当然のようにタイポグラフィック・デザインでまとめるべきだと思ったのです。 私の仕事のやり方ですが、先ず自分でレタリングのスケッチを何度もデッサンして仕上げることを常にしているのです。

それでも デリケートな部分や難しい所などがどうしても生じるので、レタリングデザイナーの深野匡氏に 最終の仕上げをして頂くのです。流石がレタリング デザイナーのプロとして書体の撥(は)ねの所など、美しい線にしてさらに全体のバランスを整えて頂くのです。 このレタリングの制作がすべてのデザインの核(かく)になるのです。(キイ ビジュアル)

ご質問の「なぜタイポグラフィにこだわったのか」ですが、お答えとして、以上のようなことがすべてなの で、タイポグラフィック・デザインにしなければならなかったのです。

そして、白い美しい箱に、裏面に和文(商品説明事項など)を配し、表面にはその英訳を英字を配してまとめることにしたのです。完成度の高いブラッシュ・スクリプト体がメイン(主)になるので、それを更に美しく見せるためにファッショナブルな考えで細い英字を配したのです。

「白い箱」を「黄色の箱」にした理由としては単純なことで、道路工事などによく使われる目立つ色として 黄色にしました。当時は食品のパッケージとしてはタイポグラフィックなデザインとして英文を前面に生か したものは少なかったと思います。

Could you tell us why you focused on typography?

As I mentioned before, I committed to the thought that it was absolutely necessary to make full use of the brush script, so of course I thought the package should be put together with typographic design. This is how I do my work, but I always iterate many sketches of the lettering until completion.

Even still, there are delicate parts and difficult bits that arise, so I ask Masa Fukano, a lettering designer, to finish it off. As a professional lettering designer, he makes curves and such into beautiful strokes, and arranges the entire balance.
The creation of this lettering becomes the core of all the designs (The key visual).

To the question: “Why I focused on typography” ― this is my answer. This is why it had to be typographic design.

As for the beautiful white box, we arranged the Japanese writing (product information) on the back of the package, and arranged the English translations of it on the front. A high quality brush script is the main focus, and to accentuate its beauty, thinner English letters are arranged fashionably.

The reason why we made the “white box” into a “yellow box” is quite simple; it’s a prominent colour that is often used during road constructions.
At the time, there was very little in food packaging that made use of English text as typographic design.

 
ganhosoyaquote_2.png
 

カロリーメイトを提案する際も、1案に絞っていったと伺いました。1案にこだわって、それを上手に提案できた理由や、デザインをクライアントに提案するときに大切にしていることは何ですか。

私の仕事のやりかたとして、すべてとは言えませんが極力1案だけにしています。 そのことは責任感と言うことがいつもあるからです。
自分が創る(デザイン)とき 責任を持つためにも一番良いと思うものを提示すべきだと考えているからです。

狩りなどでよく使われる散弾銃のようなことではなく、ライフル1発(1弾)で、、、と思っているのです。 例えがまったくおかしいことだと思いますが責任あるデザインは1案がベターと思います。(ごめんなさい)「寝ても覚めてもブラッシュ・スクリプト体」のこと私の一途な思いがクライアントの方々に伝わったよう な気がしています。 まあ、まったく私の個人的なことですがデザインを提案するときにとても大切にしています。

When proposing your design for Calorie Mate, we hear that you narrowed it down to one proposal. How did you focus on one idea, and propose it successfully? Is there anything you take to heart when proposing your design to your clients?

The way I do my work ― I can’t say this for everything, but I narrow it down to one proposal as much as possible. That’s because there’s always a sense of responsibility.
Also to hold responsibility for the design you create; I believe it’s best to present the best design you think there is.

It’s not like a shotgun used often in hunting, but more like a rifle (you only have one shot)...that’s what I think.My example might be quite strange, but responsible design is definitely better with one proposal. (I’m sorry) “Asleep or awake; brush script is the way to go” ― I feel I was able to convey my passion towards this typography to my clients.
Well, this is all completely opinionated, but this is what I am careful about when I propose my designs.

 
 Calorie Mate; before 2003

Calorie Mate; before 2003

 After the renewal

After the renewal

 

2003年にタイポグラフィを少し細くするというリニューアルをなさっていますが、そこにはどのような狙い があったのでしょうか。

パッケージデザインは、必らず時間が経つと「リニューアルしたい」ということが話として出て来ます。 (パッケージデザインだけのことではなく) クライアントから直接言われていませんでしたが、風のたよりに囁(ささ)やかれて、私の耳に入ってきま した。「やはり」と思いましたが、そして「はて、さて」と当然のように仕方のないことだと思いました。 こんな時、私は沈思黙考焦ることはないなあと思ったのです。 「時代の空気」(怪しいことば)のことがあるなと気がついたのです。時代の空気とは、明るさとか軽さの ことかもしれないと思ったのです。そしてカロリーメイトのパッケージを「じっと見つめました」。よくある間違い探しのようなことです。そして、レタリングが太すぎている事に気がついたのです。もちろん自信を持ってまとめたデザインなので手直しはしたくありませんでしたが、頑ななことはダメだと思いました。柔軟な心が重要なことだと。

そして、すぐにレタリング全体を細目の線にしました。それなりに手直しには時間がかかりました。 しかし、それも普通に見たらまったく解らないような太さにしました。そして、なぜか新しい風が吹いてきたと思いました。(自分自身、なるほどこんなことがあるんだと思いました) そして、リニューアルしたデザインを早急にクライアントの方々にお見せしたのです。私は先手をうつよう な気持ちでした。もちろん私の考えをご説明し納得されました。とても嬉しかったです。私自身の勇気ク ライアントさんの勇気があったと思います。

The typography has thinned down for the design renewal in 2003. What was your aim for this?

With packaging design, whenever some time passes, we hear talks of “we’d like a design renewal” (this doesn’t go only for packaging)

I hadn’t heard directly from the client, but the news came to me in a whisper; heard it in the wind. “Just as expected”, I thought, and then “Well, now”/“Well, let’s see now”, and I naturally thought it was something that could not be helped.
At times like this, I am quiet and deep in thought. I thought there was no need to to rush.
I realised that there is something like the “atmosphere of the time” (A suspicious word). As for the air of the time, I believed it might be about brightness or lightness. And then I "gazed deeply" at the Calorie Mate package. It’s almost like “spot the difference”. And I realised that the lettering was too heavy. Of course, this was a design I put together with confidence, so I didn’t want to make any adjustments, but I thought it was bad to be stubborn. That a flexible heart is important.

And then, I quickly thinned down the entire lettering. Reworking on it did take some time.
However, I made it to a thickness where its changes cannot be noticed when looking at it normally. And then, somehow it made me think that it brought in a new breeze (I myself; was surprised that such a thing could happen).
I quickly showed the renewed design to my clients. I was feeling like I had taken the initiative. Of course I explained my thinking and they were convinced.
I was very happy. I think my own courage, and my client’s courage was part of it.

カロリーメイトのように、長く愛されるデザインをつくるために重要なことはどんなことだと思いますか。

難しいご質問ですね。簡単なことばでは言い切れませんね。人は愛することは何となく解っているようで、 よく理解していないと思いますように。
確かに長く愛され好きなデザインは沢山あります。
でも、好き 嫌いなことが、多々あるので自分は好きでも、他者はまったく好きでないことが常々あるので 困ったことですが仕方のないことです。

注:このカロリーメイトのブラッシュ・スクリプトのことで追記をしたいのです。 改めてこのレタリングは古くからある書体Brush Script(毛筆)を改良して作製していますが、元は手書き ですから、人の手の温りがあると思うのです。そのためになんとも言えぬ優しさが出ているのではないかと 思います。
そして、デコラティブ(Decorative)な様相を感じさせていることもあると思います。 好かれている理由として、私なりの思いを記しておきたいのです。

What do you think is important to create a design that is long loved like Calorie Mate?

That’s a difficult question. I can’t put it simply into words. As if one kind of knows that they love, but don’t really understand it.

There definitely are many designs that have been loved for a long time.
But there are many likes and dislikes, so even if I like it, there are many times where others don’t, so this is troubling but there’s nothing that can be done.

Note: I want to add on to the brush script used for Calorie Mate.
As I’ve mentioned before, this lettering is reworked and improved upon the old brush script; but as it’s originally drawn by hand, I think that the warmth from a person’s hand can be felt. I think that there’s an unexplainable kindness that’s evoked from it.
And there’s an element of decorativeness that can be felt too.
I want to record my thoughts on the reasons why it is loved.

 
ganhosoyaquote_8.png
 

お仕事をなさっている時、ワクワクするのはどのような瞬間ですか。

この職業(デザイナー、アートディレクター)を選んだ以上生きて行かねばならないと、若い時から決めたことですから、極力どのようなお仕事でも誠意を持ってまとめなければダメだと思っています。 問題は仕事の内容によって得手不得手があるものが生じたとき、けっこう大変なことになります。

ワクワクするときは、やはり最初から私自身のイメージ、デザインができているときです。

アートディレクターとして(責任者)クライアントのOKが出たときや密かに秘めたるデザインができ好評を得たときはとてもハッピーです。
(すみません!もっとドラマチックな話しをしなければと思いますが、日常の仕事はこまごまと苦労の多い ことがあり疲れます。ごめんなさい!)

In what moments do you feel truly excited when you are working?

As I have to live on with the profession I’ve chosen (designer, art director); it's something I’ve decided upon since I was young, and so with any job I think I must have the upmost sincerity to put it all together.
The problem is; depending on the content of the job, you can see its strength and weaknesses, and this is whats difficult.

An exciting moment is definitely when I can design from the very beginning with my own image in mind. As an art director, when the client (person responsible) gives the OK, or when I gain approval on a design that secretly hides its potential ― I’m very happy.

(I’m very sorry! I believe I need to talk about something much more dramatic, but there are many bits and pieces of hardships in the daily job, and I do get tired. I’m sorry!)

 
ganhosoyaquote_4.png
 

広告やパッケージデザイン、またデザインに使用するツールも昔と今で劇的に変わってきていると思います。 その変化を経験なさっている細谷様は、何か思うこと(いいこと・悪いこと)などありますか。また、次世 代にも伝えていきたいと思うことがあれば教えてください。

確かに私の若い時代と現在の仕事のやりかたはまったく変わって来ましたから、何をどうしたら良いのかと かの話はできませんが、ご自分が決めた職業をプライドを持って対応することがベターだと思います。 ご自分ができる(能力)ことを、勇気を持って仕事をされることが大切なことです。 どうしても、この仕事は他者の仕事自分の仕事のギャップなどのことが気になることが多々ありメゲることがありますが、他者も同じようなことを思っていると思いますので、マイペースでそれなりにがんばることです。

In advertisement and packaging design; and in the tools that we use to design, they all have dramatically changed, comparing from then to now. You are someone who has experienced these changes; do you have any thoughts (good and bad)?
Also, is there anything you’d like to pass on to the next generation?

The way we do our job has definitely, completely changed since I was young, so I can’t talk about what should be done, but I do think it’s better to manage the profession you’ve decided upon with pride.
It’s important to have courage and do your job using your abilities.
Surely ― in this job, there are many times where you’re concerned about the gap between another person’s work and your own work, but the other person is most likely thinking about something similar, so it’s good to work hard in your own way, and at your own pace.

 
ganhosoyaquote_5.png
 

おかしな話ですが、突然打ち上げ花火のように、すごいデザインが現れ、それを創られたデザイナーが、スター的になることがありますが、打ち上げ花火はすぐに消えますから・・・。 そんな時はぢっとがまんしてどこかに隠れているようにしたら良いと思います。 カメうさぎの話もありますから・・・。

(おかしなことを言いましたが、
こんなことがあるんです。)

This is a strange story; but suddenly, like a firework ̶ a brilliant design will appear, and the designer who created that will become something like a star, but fireworks do quickly disappear....
There is the story of the tortoise and the hare....
(I’ve written something strange, but these things do happen)

 
ganhosoyaquote_6.png
 

最後に、良いパッケージデザインとは何だと思いますか。

このご質問も難しいことですね。
簡単に言いますと「パッケージデザインとは人の心を包む」と 言うことです。

この世界(生活)はデザインに囲まれていると思います。
そしてデザインは風景のようにも思われます。素敵な風景もあれば素敵ではない風景もあります。
できれば素敵なすばらしい風景(デザイン)をいつも見て暮らして生きたいと願っています。
抽象的な言いかたですが私は理論的に語れないのですみません。
これからもよろしくお願いします。

Lastly, what do you think is good packaging?

This also is a difficult question.
To put it simply:
“Packaging design enfolds a person’s heart”.

I believe this world (our lives) is surrounded by design.
And design could be thought of like a landscape too. There are lovely landscapes and landscapes that aren’t lovely.
If possible, I wish that we could live our lives always looking at lovely and wonderful landscapes (design). This is all very abstract, but I can’t talk theoretically, so I’m sorry.
I look forward to working with you again.


 
 
 細谷巖  一九三五年神奈川県生まれ。神奈川工業高等学校工芸図案科卒。一九五四年ライトパブリシテイ入社。 現在、代表取締役会長。現在、東京アートディレクターズクラブ会長、日本グラフィックデザイナー協会会員、毎日広告デザイン賞審査員。主な著作に『イメージの翼・細谷巖アートディレクション』(中央公論社)、『細谷巖のデザインロード69』(白水社)等。  紫綬褒章(2001年) 旭日小綬章(2014年)   Gan Hosoya Graphic Designer/Art Director LIGHT PUBLICITY  Born 1935 in Kanagawa Prefecture. Graduated from the Craft Design Department of Kanagawa Technical High School. Started working at Light Publicity in 1954, and is currently the chairman and executive director. He is also currently the director of the Art Directors Club, member of the Japan Graphic Designers Associatio (JAGDA), and jury member of the Mainichi Advertisement Design Competition. Notable books include “The Wings of Image, Art Direction by Gan Hosoya” (Chuokoron-Shinsha, Inc.), and “Gan Hosoya Design road Sixty nine” (Hakusuisha Publishing), among others.   Medals from Japan: Purple Ribbon (2001) Order of the Rising Sun (2014)

細谷巖

一九三五年神奈川県生まれ。神奈川工業高等学校工芸図案科卒。一九五四年ライトパブリシテイ入社。 現在、代表取締役会長。現在、東京アートディレクターズクラブ会長、日本グラフィックデザイナー協会会員、毎日広告デザイン賞審査員。主な著作に『イメージの翼・細谷巖アートディレクション』(中央公論社)、『細谷巖のデザインロード69』(白水社)等。

紫綬褒章(2001年)
旭日小綬章(2014年)


Gan Hosoya
Graphic Designer/Art Director
LIGHT PUBLICITY

Born 1935 in Kanagawa Prefecture. Graduated from the Craft Design Department of Kanagawa Technical High School. Started working at Light Publicity in 1954, and is currently the chairman and executive director. He is also currently the director of the Art Directors Club, member of the Japan Graphic Designers Associatio (JAGDA), and jury member of the Mainichi Advertisement Design Competition. Notable books include “The Wings of Image, Art Direction by Gan Hosoya” (Chuokoron-Shinsha, Inc.), and “Gan Hosoya Design road Sixty nine” (Hakusuisha Publishing), among others.

Medals from Japan:
Purple Ribbon (2001)
Order of the Rising Sun (2014)

 

Interview with Aya Nakao of Otsuka Pharmaceutical

Aya Nakao is the product marketing manager of Calorie Mate at Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd. 

CM_au_lait_square.jpg
 

はじめに、仲尾さまの主なお仕事内容を教えてください。

カロリーメイトのプロダクトマーケティングマネージャーを務めております。カロリーメイト が、常にお客様にとって新鮮で価値のあるブランドと感じ続けていただけるように、短期、長期の戦略を組み、生産、営業、宣伝等の社内各部門や、社外の関係者の皆さまと連携を取りな がら施策を実行。それを検証して次に生かすということを繰り返しています。

Before we begin, could you tell us what you do?

I work as the product marketing manager for Calorie Mate. - To maintain and advance an aura of Calorie Mate fresh and value in our customer’s eyes, I build both short -and long - term strategies across our internal teams in the areas of production, sales, advertising, and also coordinate with external stakeholders on implementation. We validate the effectiveness of our initiatives and continue to repeat the processes.

カロリーメイトやポカリスエットなどのロングライフ商品を生み出すことができるのは、御社の製品に対する姿勢が一番の理由だと思いますが、時代が変わってもカロリーメイトが新しくインパクトのある商品として見られるように、どのようなアプローチをとっていますか。

カロリーメイトは「バランス栄養食」という不変のコンセプトをもっていますが、発売から35 年経った今でも機能価値を伝える活動を続けています。また、その機能に下支えされた情緒的な価値も提供できるよう、時代の変化を捉えた発信に努めております。例えば受験生向けの場 合には、学校や予備校での栄養啓発活動と、CMなど宣伝広告の両面でアプローチしており、身体も心もサポートできるブランドとしてありたいと考えています。

We believe your company’s  long-term perspective outlook is key in creating iconic long life products such as Calorie Mate and Pocari Sweat. What kind of approach do you take to convey Calorie Mate in a new, fresh, and impactful manner despite the changing times?

Calorie Mate is underpinned by the unchanging concept of “balanced nutritious food,”: however even 35 years after its launch, we continue to work in communicating its functional value. To also provide the emotional value that supports the functions of the product, we communicate in ways that reflect changing times and priorities. For instance, when aiming at students preparing for an exam, we approach this by educating schools and cram schools on nutrition, as well as through commercials and advertisements. I would like for us to be a brand that supports both body and mind.

 
 「精神力だけでは、テープを切れない。」 A Calorie Mate ad when the product first launched in 1983 Designed by Light Publicity

「精神力だけでは、テープを切れない。」
A Calorie Mate ad when the product first launched in 1983
Designed by Light Publicity

 

一般的には、商品自体やパッケージを頻繁にリニューアルをすることほ とんどですが、それについてどのようにお考えですか。

それぞれのブランドにとって、守らなくてはならない部分と、時代の変化や技術の革新によって変えていって良い部分があると思いますが、カロリーメイトも同様です。展開アイテムは発 売当時からあるブロック、ドリンクに加え、現在ではゼリーも加わり、それぞれフレーバーも 数種類展開してきましたが、新しい製品を追加してもコンセプトは一貫しています。そのコンセプトを表現したメッセージ性の高いパッケージデザインがあるからこそ、「変わらず長く愛 されるブランド」として見ていただくことが多いのかなと思います。

Typically, products and packaging are constantly renewed frequently. Can you tell us your thoughts on this?

Every brand has something that needs to be protected, but in the changing times that of course include technology innovations, I think there are elements that are appropriate for change; Calorie Mate is like that too. Since the launch of  Calorie Mate in block and drinkable forms, more recent innovations, have included a drinkable form and more recently a jelly form, and we have also extended our line of flavors.
New products are added, but the concept remains the same. I think that as our concept is expressed strongly in the packaging design, we’re often seen as a “brand that is long-lived and long-loved”.

カロリーメイトの魅力は何だと思いますか。

毎年変化する流行の成分を入れたりするのではなく、「健康の基本は食事、栄養。栄養の基本はバランス栄養」という考えが根幹にあり、“バランス栄養食”というコンセプトを大切にしているところかなと思います。その上で、お客様がいろいろなオケージョンで摂りやすい形状や味の好み、選べる楽しみ等を考え、様々な形状やフレーバーを展開しています。 また、最近では健康維持のためだけでなく、仕事や勉強でパフォーマンスを発揮するためにも、 糖質など単一の栄養素をチャージするのではなく、バランス栄養を摂ることが重要だと分かっています。イメージだけで売るのではなく、きちんとデータに裏付けされた製品ということも強みかなと思います。

What do you think are the qualities of Calorie Mate?

It’s not about putting in popular at the moment ingredients that change every year. Rather our thinking lies in the fundamental notion that “the basic elements of health are food and nutrition”, and how we value our concept of “balanced nutrition”. With that as our grounding, then we think about what forms and flavors for our customers would to be able to enjoy choosing from and eating in various situations, in order to expand our offerings. For consumers, recently it’s not just about maintaining health. Nor is it simply about recharging on a single nutrient like carbohydrates in order to maxmize work and study performance. They understand that it’’s important to take in balanced nutrition. Our strength lies in the fact that we’re not just selling an image, but a product backed by proper data.

 
 「それは、小さな栄養士。」 A recent ad for Calorie Mate

「それは、小さな栄養士。」
A recent ad for Calorie Mate

 

カロリーメイトのプロジェクトで、一番大事にしていることは何ですか。

お菓子やジュースではなく、バランス栄養食のカロリーメイトだからこそ提供価値を大事にしています。
そのため、そのシーン、そのターゲットに訴求する根拠がきちんとあるかを考え活動をしてい ます。

What is most important to you in the Calorie Mate project?

As Calorie Mate is a balanced and nutritious meal, and not a snack or a juice, we place importance on providing good value.
To do this, we work by thinking about whether we have done the groundwork to be an appealing product in each and every situation and target that we take on.

これからカロリーメイトはどのように進化していくと思いますか。また、仲尾さまが今後やっ
てみたいと思っていらっしゃることは何ですか。

社会の変化と共に、食事や栄養をきちんと摂りたくても上手く摂れない人は、子どもも大人も シニアでも今後一層増えてくると思います。そんな方々の役に立てるように、時代にあった「バランス栄養食」の形を考え、今後もブランドとして進化していければと思います。

How do you think Calorie Mate will evolve in the future? Also is there anything you’d like to try, now onwards?

Due to societal changes, I believe that the number of people – from children to adults and seniors – who want to eat good meals and take in proper nutrition but can’t will increase. For Calorie Mate to remain of significant benefit to people, I wish to think about how the concept of “balanced nutrition”, and the brand itself, should evolve.

最後に、良いパッケージデザインとは何だと思いますか。

「製品コンセプトを表現したメッセージ性の高いデザイン」でしょうか。繰り返し手に取りたい、使いたいと思えるデザイン、遠くから見ても「あれは、○○○だ。」と認識してもらえる 生活の中に当たり前に存在するようになるデザインも、良いデザインなのかもしれません。カロリーメイトはまさに、その様なパッケージデザインの製品です。

Finally, what is good packaging to you?

Perhaps it is “design that convey a  message and expresses the product concept”. A design that makes you want to take the product in your hands repeatedly, makes you want to use it, and that you can even recognize unmistakably from afar. Good design may well be one that exists in our lives naturally. Calorie Mate definitely has a package design like this.


 
 大塚製薬株式会社 ニュートラシューティカルズ事業部 製品部  カロリーメイト プロダクトマーケティングマネージャー  仲尾 綾   Aya Nakao  Calorie Mate Product Marketing Manager Nutraceutical Business/Product Division Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd.

大塚製薬株式会社
ニュートラシューティカルズ事業部 製品部
カロリーメイト プロダクトマーケティングマネージャー

仲尾 綾


Aya Nakao

Calorie Mate Product Marketing Manager
Nutraceutical Business/Product Division
Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd.